このページの先頭




レスリング

レスリングメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本選手速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. コラム
  7. 日本代表名鑑
  8. 競技メモ

日本選手速報


女子フリースタイル48キロ級

決勝
伊調千春
(日本)
判定
0-2
キャロル・ヒュン
(カナダ)

 [第1ピリオド]伊調は青のシングレット。開始直後に、ヒュンの片足タックルからの攻めで場外に押し出され、1失点。残り20秒でタックルを受け、背中から落ち、0-4で第1ピリオドを落とした。  [第2ピリオド]20秒過ぎにタックルにいくが、ヒュンに潰される。流れの中でバックを取られ1失点。さらにローリングで2点目を失う。伊調のタックルは見切られ、最後まで相手の固いガードを崩せず。0-2でこのピリオドも落とし、2大会連続の銀メダルに終わった。 試合直後に行われた表彰式では、すがすがしい笑顔、花束とメダルと大きく掲げた。「アテネからの4年、(妹の)馨と歩んできた道は最高の道だった。試合後はメダルの色で差はついたけど、最高のレスリング人生でした。これが私の誇りです」ときっぱり話した。

準決勝
伊調千春
(日本)
判定
2-1
チャン
(米国)

 [第1ピリオド]がぶり合いからスタート。チャンのタックルも巧みに伊調がかわす。マットサイドの攻防で、伊調が場外を奪い、ポイントをリード。相手タックルをかわして、慎重に第1ピリオドを取った。  [第2ピリオド]序盤は慎重な組み手争い。1分経過もポイントなしで、両者に注意。場外に押し出すが、グラウンドポジションのため、ポイントにならず。0-0のままボールピックアップ(抽選)は、チャン。チャンがあっさりとタックルを決め、1-1に。  [第3ピリオド]チャンが投げでポイントを先取。1分10秒で場外に押しだし、ポイントで並ぶ。そのままタイムアップしたが、ラストポイントを奪った伊調がこのピリオドを制し、2-1で決勝に進んだ。

3回戦
伊調千春
(日本)
フォール
メルレニ
(ウクライナ)

[第1ピリオド]アテネ五輪の決勝の再現。対外に激しいポジション争い。1分15秒過ぎ、強引な両足タックルからの力技でメルレニがバックを取り、先取。このままタイムアップで、第1ピリオドを落とした。 [第2ピリオド]前に出て行く伊調だが、メルレニがスピードで圧倒。バックを取られ、1ポイントを奪われた。アンクルホールドは必死にガードし、ブレイク。負けも予想された終了間際、伊調が強引な首投げから一気にフォール。大逆転で準決勝に進んだ。

2回戦
伊調千春
(日本)
判定
2-1
黎笑媚
(中国)

 [第1ピリオド]お互いにポイントが取れずに、0-0で終了。ボールピックアップ(抽選)で黎が勝ち、片足タックルの状態で再開。黎が押し出し、ポイントを上げた。伊調は苦しい立ち上がり。  [第2ピリオド]伊調が上からがぶるが、決まらずにブレイク。伊調が崩すが、ポイントを奪えず。このセットも0-0で抽選。今度は伊調が片足タックル状態で再開。伊調が抱え上げ、ポイントを奪取し、1-1のタイに。  [第3ピリオド]相手タックルを巧みに切る。2度目のタックルを上手く、潰して、バックを取り、1ポイントを先取。再びタックルを潰すが、攻めきれなかったが、そのままタイムアップ。苦戦しながらも2回戦を勝ち抜いた。




ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2019,Nikkan Sports News.