このページの先頭




レスリング

レスリングメニュー
  1. トップ
  2. 写真ニュース
  3. 日本選手速報
  4. 日程
  5. 結果
  6. コラム
  7. 日本代表名鑑
  8. 競技メモ

日本選手速報


女子フリースタイル55キロ級

決勝
吉田沙保里
(日本)
フォール
許莉
(中国)

 [第1ピリオド]吉田は赤のシングレット。中国と日本の両応援団の大歓声の中、リングに登場した。吉田は赤のゴムで髪をしばり、気合いの入った表情。序盤は互いに様子見の状態が続く。残り40秒で吉田がタックルのテークダウンに続き、場外に押しだし、2ポイント。そのまま逃げ切り、第1ピリオドを奪った。  [第2ピリオド]開始直後に片足タックルからテークダウンを奪う。さらにグラウンドで攻め続け、そのまま一気にフォールを決めた。リングでは、アテネとは異なり、栄コーチが吉田を肩車で祝福。吉田はバク転を決めてからリングから降りた。表彰台では涙を見せた吉田だが、観客席にいる母親に花束をプレゼントしてから、笑顔でインタビューゾーンに現れた。「連勝もストップして、今年に入ってからは不安で仕方なかった。アテネより、もっともっと色々なものがつまったメダルだと思います。自分の夢、2連覇することができました。ロンドンで3連覇します」と力強く語った。

準決勝
吉田沙保里
(日本)
テクニカルフォール
バービック
(カナダ)

 [第1ピリオド]アテネ五輪決勝の再戦。開始15秒で消極的な姿勢で両者に注意。1分15秒過ぎに吉田がタックルからテークダウンを奪い、2ポイントを先取し、そのまま逃げ切った。  [第2ピリオド]開始直後に片足タックルからテークダウンを奪い、ポイントを先取。さらに1分過ぎに両足タックルから2ポイント目。残り15秒で、相手のタックルをかわし、バックを奪い、さらに3ポイント追加。終了間際には、タックルから豪快に持ち上げて、6ポイント目を奪取。テクニカルフォール勝ちした。

[an error occurred while processing this directive]
2回戦
吉田沙保里
(日本)
判定
2-0
ナタリア・ゴルツ
(ロシア)

 [第1ピリオド]ゴルツは欧州選手権4連覇の強豪。慎重な立ち上がり。首の取り合いから、ボルツがバックを取り、先取。1分40秒過ぎに、吉田がタックルからテークダウン、さらにバックを取り、2ポイント奪取。そのまま、逃げ切りった。  [第2ピリオド]開始30秒で吉田が片足タックルから場外に押し出し、ポイントを奪う。ゴルツはがぶりから攻めるが、吉田のタックルを警戒し、技がでない。タックルにきたゴルツを潰し、ローリングでポイントを重ね、4-0。このピリオドも奪い、快勝した。

1回戦
吉田沙保里
(日本)
判定
2-0
ネレル
(スウェーデン)

 [第1ピリオド]吉田は青のシングレットで登場。20秒過ぎにいきなりタックルで1ポイントを奪取。さらに両足タックルから場外に押しだしポイントを追加。1分20秒過ぎにもタックルから場外に押しだし、3ポイント目。終了間際に場外に押し出されたが、3-1でピリオドを奪った。  [第2ピリオド]首を決められたが、強引に場外に押しだしポイントを先取。1分20秒過ぎに両足タックルから1ポイントを追加。そのまま、堅実にポイントを守り、2-0で1回戦を突破した。




ここからフッターエリア


nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
(C)2017,Nikkan Sports News.